スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ダーリンダーリン、月の夜道で踊ろうよベイベー』

2007年11月09日 21:59

2007・11・8(木)19:30
@牛込神楽坂 IWTO

大江戸線で「牛込神楽坂」へ。
何か食糧を買ってからと思ったが、劇場の周りにはお店が無かった気がしたので、前に来た時に出た「A3」の手前の「A2」から出た。
7で買い物して、見事に逆方向へ。(笑)
「A1」が有ったので気がついて引き返す。(^^;
怪我の巧妙か、「A1」に行く途中にスーパーを見つけたで、今度は「A1」から出てみよう。(笑)
地下鉄の出口って、道のどっちに出るかで進むべき方向が変わるので、間違い易いんだよなぁ。(と、言い訳/笑)

客席は、1列目と2列目の段差が凄かった。(^^;
1列目に座った頭の高さに、2列目の足が来る感じ。
例によってセットは、舞台奥の左右に膝上くらいの台が有るだけのシンプルな物。
衣装も、抽象的なポンチョの様なものだった。
で、今回もムービングが多数。
ここは、照明が舞台セットなのかも。

とある街の交差点。
月明かりの中、2人の影が・・・。
そして、それを見つめる3対の目。



以下ネタばれかな?(笑)



初っぱな、目潰しの直撃を喰らう。(>_<)
暫く、残像がチラチラしてた。(^^;
これは、とっても目に悪い。
最前に座る方は、お気を付けを。(笑)
現在と過去(現実と妄想?)を行ったり来たりするのだけれど、同一人物の衣装の繋がりは有ったのかな?

終演後、近くにいた人が、
「前回のを観たから、今回は流れが掴み易かった。」
と、言っていた。
確かに、愛爆の舞台は、初見だと戸惑うよな。(^^;
私も初見の時は、訳が判らなかったし。(笑)
まあ、よく舞台を観るようになって、間も無い頃だった、ってのもあるけれど。

余談
○○鏡は、ネタなのか?言い間違いなのか?(笑)
スポンサーサイト

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://foxmikata.blog51.fc2.com/tb.php/89-064d538c
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。